憧れの公認会計士の資格取得を!自分に合ったスタイル

働きながらでも資格取得をすることは可能

会計の専門になるため公認会計士の資格取得を目指している人は、通信や大学に通う必要があります。しかし既に働いている人でも、働きながら資格取得をすることは可能です。独学のスタイルでも資格取得への道を目指せるため、自分に合った勉強方法を選択しましょう。

通学制と通信制の資格取得の方法

通学制のスタイル

学費はかかってしまいますが、通学制の方が毎日勉強できるため短期間で資格取得をして卒業をすることができます。公認会計士へ早くなりたいと考えているなら通学制のスタイルをオススメします。また常に仲間や講師がいるため、分からないことがあればすぐに質問をすることができるでしょう。

通信制のスタイル

通学制よりも学費が安いため、学費を抑えたいという方には通信制をオススメします。通信制なら時間にゆとりがあるため、自分の勉強したいときに勉強をすることができます。また質問があれば電話やメールなどですぐに問いあわせをすることができます。

憧れの公認会計士の資格取得を!自分に合ったスタイル

人形とそろばん

資格取得を希望する人が近年増加傾向にある

公認会計士は一般的なサラリーマンよりも年収が高いといわれていることから、資格取得をして公認会計士の仕事に就きたいと考える人が増えています。就職する企業によっても違いますが、平均的には年収600万ともいわれています。また大手の企業に勤めたり独立をして成功した場合だと年収が900万や1000万を超えることもあるそうです。

レディ

誰でも受験可能だが、難易度は高い

独学でも勉強できて受験できるほど公認会計士はほぼ誰でも受験可能なものですが、難易度がとても高いことから合格者は少ないといわれています。司法試験と同じような難易度を誇るといわれているため、かなりの勉強量を必要とすることを理解しておきましょう。

計算する人

受験する教科は4教科+1教科

受験する科目はいくつかあり、まず必須となっているのは会計学、監査論、企業法、租税法の4教科となっています。その教科に+をして違う教科の受験をしなければならず、それらに合格をしないと資格を取得することはできません。合格者は毎年かなり少ないといわれているため、受験教科をしっかり勉強して試験に挑む必要があるのです。

勉強

試験に合格した後は実務経験を積むことが必須となる

実際に公認会計士として業務を最低でも2年は積まないと本当の公認会計士とはいえないとされています。現場を経験する期間は約2年とされていますが、場合によっては2年以上業務を経験しないといけないこともあります。勉強をして試験に合格し、業務に携わるという期間を合計すると約5年以上かかるという計算になります。誰でも取得可能な公認会計士ですが、資格取得は険しいものになるので、それを覚悟した上で公認会計士を目指していきましょう。

広告募集中